5G対応スマホの「vivo X80 Pro」とは?

“今の時代、多くの機器をインターネットに接続させることができますので、特にIOTを可能にした5Gが注目されています。
その5Gに対応しているスマートフォンは様々なスマホメーカーから数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「vivo X80 Pro」という5Gスマホがあり、動画視聴やオンラインゲームでも遅延なくスムーズに通信する高性能CPUやゲームなどでも滑らかな表示が出来る高精細大型ディスプレイ、初心者でも簡単にキレイな写真が撮影できる高性能カメラや安心して長時間ゲームや動画鑑賞もできる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/256GBモデルが約108000円でRAM12GB/256GBモデルが約118000円でRAM12GB/512GBモデルが約131000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約164ミリ、厚さ約9.1ミリ、重さ約219gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルー、オレンジ、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度QHD+ 3200×1440でアスペクト比20:9の約6.78インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは80Wの急速充電や50Wのワイヤレス充電に対応している4700mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 8 Gen1 SM8450 3.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは256GBモデルと512GBモデルがあります。
カメラはF値1.5の明るいレンズがついた約5000万画素+広角レンズがついた約4800万画素+ポートレート撮影できる約1200万画素+望遠レンズがついた約800万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 12(OriginOS Ocean)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

世界最高水準のスマホ「Huawei Japan P30 LiteP30 LITE」

“現在も高い評価を得ている中華スマホとして人気のスマートフォンが、「Huawei Japan P30 LiteP30 LITE」です。
Huawei Japan P30 LiteP30 LITEの価格は、「平均では36,800円(税込)、Amazonでは36,800円(税込)」となっておりますので、国内では主にAmazonを経由してHuawei Japan P30 LiteP30 LITEを購入することになります。同じ中華スマホではoppoやXiaomiのように、Huaweiよりギリギリの安値を狙っているメーカーもありますが、それでも世界的なシェアではHuaweiのほうが上とされています。
なぜHuaweiであり、Huawei Japan P30 LiteP30 LITEはこれほどの人気があるのか・・・というと、それは「世界的に性能が認められているブランド」だからです。今では、格安スマホを提供しているブランドも増えた・・・のですが、これらのメーカーは歴史が浅い側面があります。
しかもHuawei Japan P30 LiteP30 LITEは、売れ筋のスマートフォンを多く手がけているため、今では「中古市場も人気となっている」面でも評価が高いのです。
Huaweiの人気スマホのほとんどは、今では古いモデルとなっているのですが、Huawei Japan P30 LiteP30 LITEなど、Huaweiのスマートフォンはスペックがそもそも低くありません。
そのため、Huawei Japan P30 LiteP30 LITEのような高性能なスマートフォンであっても、中古市場であれば1万円台で本体を購入することが可能になっています。国産スマホの場合も同じような状況にあるのですが、まだまだ世界的に認知度が高いわけではないため、Huawei Japan P30 LiteP30 LITEのような売れ筋のスマートフォンは少ないです。
Huawei Japan P30 LiteP30 LITEの特徴を簡単にまとめると、「軽量なので持ち運びやすい、ワイドディスプレイなので操作性がよい」という特徴があります。今では、このような配慮がされているスマートフォンが増えてきました。ですが、早い段階でこのような対応を取っていたのは中華スマホなど一部のメーカーだったため、ほかのスマートフォンよりも人気が高いとされています。
しかもHuawei Japan P30 LiteP30 LITEは、「3D湾曲デザインで握りやすい、本体の厚みは7.4mmのスリム、フルビューイングを採用している」特徴もありますので、スマートフォンのディスプレイサイズは大きくなっても、片手による操作に対応しているもののほうがよいという人には、Huawei Japan P30 LiteP30 LITEがオススメとなるのです。
Huawei Japan P30 LiteP30 LITEの詳細スペックですが、「画面サイズが6.15インチ、重量は159g、ROMは64GB、本体サイズは152.9×72.7×7.4mm、OSはEMUI 9.0 (Android 9準拠)、バッテリー容量は3,340mAh、CPUはHUAWEI Kirin 710,オクタコア(2.2 GHz/4 + 1.7 GHz/4)」となります。
よく古いモデルのバッテリー容量は低すぎると言われていますが、Huawei Japan P30 LiteP30 LITEはそれほど低くありません。国産スマホの低いものでは、2,000mAh台のバッテリー容量も存在しますし、Huawei Japan P30 LiteP30 LITEより価格が上であったりします。
また、Huawei Japan P30 LiteP30 LITEはCPUについても最新のものが搭載されているので、総合的にゴージャスなパーツがもりだくさんのスマートフォンとなっているのも大きな魅力でしょう。”

パソコンでも5G通信を体験できるスマホ「Google Pixel 5UYH2」

“今では、5G対応モデルのスマートフォンが増えてきました。日本国内でも2021年春頃から5G対応モデルが一気に増えたのですが、そんな5G対応モデルの中でも異彩を放つのが「Google Pixel 5UYH2」です。
というのも、Google Pixel 5UYH2は「ほかのスマートフォン、パソコンでも5G通信が可能になる」素晴らしいスマートフォンだからです。しかも今では、5Gなどネット接続が長時間格安で可能になるプランが散見している状況のため、Google Pixel 5UYH2のようなスマートフォンが見直されるようになりました。
Google Pixel 5UYH2の価格は、「平均では83,990円(税込)、Yahoo!では84,980円(税込)、楽天では83,990円(税込)、Amazonでは84,800円(税込)」となっておりますので、どのオンラインストアで購入されても平均の価格に近い価格で購入できるようになっています。それだけGoogle Pixel 5UYH2の価格競争は過熱している状況なので、ひとえにGoogle Pixel 5UYH2の人気ぶりをうかがうことができます。
Google Pixel 5UYH2の詳細スペックですが、「画面サイズが6.00インチ、重量は151g、ROMは128GB、本体サイズは144.7×70.4×8.0mm、OSはAndroid 11、メンテナンスは1年間、バッテリー容量は4,000mAh、防水・防塵機能あり(防水IPX8)、CPU Qualcomm® Snapdragon™ 765G 2.4 GHz + 2.2 GHz + 1.8 GHz、64 ビット オクタコア Adreno 620」となります。
Google Pixel 5UYH2はハイエンドモデルに相当するため、機能が充実しているのは確かです。ですが、ディスプレイサイズは6インチぴったりとそれほど大きくはありません。今では、ワイドディスプレイが多く販売されている状況で、大きいものでは6.5~6.9インチのディスプレイサイズも増えてきました。その代わりGoogle Pixel 5UYH2は、重量が151gしかありませんので、長時間でスマートフォンを利用することが多い人であれば、Google Pixel 5UYH2に満足できるでしょう。
もし、性能面などでよりコストパフォーマンスが高いスマートフォンを探している場合は、中華スマホなどGoogle Pixel 5UYH2以外を購入されたほうが賢明です。CPUがsnapdragon8**のようなスマートフォンも、今では8万円以内で購入できる時代となっているため、Google Pixel 5UYH2はスペック的にいまひとつな感じがぬぐえません。”

5G対応スマホの「Blackview OSCAL S60 Pro」とは?

“5Gをビジネスシーンで活用すればオンライン会議やデータのやり取りをスムーズに行うことができます。
それに5Gに対応しているスマートフォンを使ってリモートワークにすれば移動の費用や時間なども削減させることができます。
その5Gに対応しているスマートフォンは多くの機器メーカーから数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「Blackview OSCAL S60 Pro」という5Gスマホがあり、負荷がかかっても熱を持ちにくくて軽い使い心地を体感できる高性能CPUや高い画素数を生かして幅広いシーンに応える高性能カメラ、いつでもどこでも見やすい高精細大型ディスプレイや旅行でも安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
この5Gスマホのボディサイズは幅約78ミリ、高さ約161ミリ、厚さ約14ミリ、重さ約255gといった誰でも持ち歩きやすくて握りやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはオアシスグリーン、フラムオレンジ、エクリプスブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはPandaGlassを採用して解像度HD+ 1440×720でアスペクト比18:9の約5.7インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している5580mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Helio A25 MT6762V/WD 1.8GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GB、内蔵ストレージは32GBでmicroSDカードを使用することで最大128GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+広角レンズがついた約500万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで防水防塵・耐衝撃対応(IP68/IP69K MIL-STD-810H準拠)やデュアルステレオスピーカー、液冷システムやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「Xiaomi 11T Pro」とは?

“5Gで使われる高周波は直進しやすくて雨や水蒸気に弱いとされていますが、狭い間隔で基地局が新設され続けていますので4Gよりも快適に楽しむことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンは海外でも多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「Xiaomi 11T Pro」という5Gスマホがあり、超高速通信が利用できる5G通信に対応した高性能CPUや広い画面で動画視聴を楽しむこともできる高精細大型ディスプレイ、美しい画像や映像を撮影できる高性能カメラやいつでもどこでも安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したハイスペッククラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約84000円でRAM8GB/256GBモデルが約91000円でRAM12GB/256GBモデルが約97000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約164ミリ、厚さ約8.8ミリ、重さ約204gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはグレー、ホワイト、ブルーの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.67インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは120Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイはGorilla Glass Victusを採用してリフレッシュレートが120Hzに対応しています。
CPUはSnapdragon 888 SM8350 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで拡張することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約10800万画素+超広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約500万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(MIUI 12.5)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「Galaxy Z Flip3 5G」とは?

“低遅延を可能にした5Gスマートフォンはオンライン会議だけではなく、コロナ禍でのオンライン飲み会やオンライン帰省なども快適に楽しむことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンには様々な機種がありますが、その中の一つに「Galaxy Z Flip3 5G」という5Gスマホがあり、安心して長時間オンラインゲームや動画鑑賞もできる大容量バッテリーや豊富な撮影モードも搭載した高性能カメラ、負荷の高い動作でもサクサク動く高性能CPUや迫力ある映像で楽しめる高精細大型ディスプレイなどを搭載したハイスペッククラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約11万円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約72ミリ、高さ約166ミリ、厚さ約6.9ミリ、重さ約183gという誰でも持ち歩きやすい薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはグレー、グリーン、ピンク、ブラックの4色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2640×1080でアスペクト比22:9の約6.7インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは15Wの急速充電や10Wのワイヤレス充電、4.5Wのワイヤレス給電に対応している3300mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイにはGorilla Glass Victusを採用していますし、リフレッシュレートが120Hzに対応していますので、スムーズにストレスなく安心して使用できると思います。
CPUはSnapdragon 888 SM8350 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約1200万画素+超広角レンズがついた約1200万画素のデュアルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1000万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(One UI)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーやイヤホンジャック、ハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”5Gスマホが話題ですが、5Gまでの進化についても確認してください。

5G対応スマホの「Google Pixel 5a」とは?

“5Gに対応しているスマートフォンは通信速度そのものが向上していますので、アプリやオンラインゲーム、高画質の動画などを快適に閲覧することができます。
その5Gに対応しているスマートフォンは様々な機種がありますが、その中の一つに「Google Pixel 5a」という5Gスマホがあり、被写体の良さや美しさを最大限に引き出す高性能カメラや動きの激しいゲームなどでより滑らかな映像を再生する高精細大型ディスプレイ、負荷の高い動作でもサクサク動く高性能CPUや安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約52000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約154ミリ、厚さ約7.6ミリ、重さ約185gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイはGorilla Glass3を採用して解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.3インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している4680mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 765G SM7250-AB 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで増設することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約1220万画素+超広角レンズがついた約1600万画素のデュアルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、メインカメラにはパンチホール式を採用しており、体温測定、ポートレートモード、超広角エッジ歪み補正、デュアルトーンLEDフラッシュ、ビューティーモード、パノラマモード、スローモーション撮影、AI自動シーン認識、背景ぼかし、HDR、オートフォーカスなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11で背面指紋認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで防水防塵(IP67)やステレオスピーカー、イヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「K7x」とは?

“5Gは高速大容量通信という特徴をいかしてスポーツ観戦でのマルチビューイングや新感覚のライブ配信を可能にしています。
その5Gに対応しているスマートフォンは多くの機器メーカーから数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「K7x」という5Gスマホがあり、旅行や長時間のお出かけでも安心して使える大容量バッテリーや誰でもかんたん操作でキレイな写真が撮れる高性能カメラ、指紋や汚れが目立ちにくくサラサラとした触り心地の高精細大型ディスプレイや負荷の高い動作でもサクサク動く高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約24000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約162ミリ、厚さ約7ミリ、重さ約194gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルーとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応して解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.5インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは30Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 720 MT6853V 2.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで拡張することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約4800万画素+超広角レンズがついた約800万画素+ポートレート撮影ができる約200万画素+モノクロ撮影ができる約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、パンチホール式を採用しており、レーザーオートフォーカス、電子式手ぶれ補正、LEDフラッシュライト、パノラマモード、スーパーナイトモード、ハイブリッド光学ズームなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(Color OS 7.2)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「nubia Z30 Pro」とは?

“5Gは8K動画やゲームなどでもストレスなく楽しむことができますし、テレワークやリモートミーティングなどもスムーズに行うことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンは低価格のものから高価格のものまで様々な機種がありますが、その中の一つに「nubia Z30 Pro」という5Gスマホがあり、クオリティの高い写真を撮影することができる高性能カメラや大容量メモリを搭載して遅延なくスムーズに動作する高性能CPU、より広い画面で動画視聴を楽しむこともできる高精細大型ディスプレイや安心の大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/256GBモデルが約85000円でRAM12GB/256GBモデルが約92000円でRAM16GB/512GBモデルが約10万円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約161ミリ、厚さ約8.5ミリ、重さ約198gという持ち歩きやすい薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはシルバー、ゴールドブラック、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが144Hzに対応して解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.6インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは120Wの急速充電に対応している4200mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 888 SM8350 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルと16GBモデルがあり、内蔵ストレージは256GBモデルと512GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.6の明るいレンズがついた約6400万画素+広角レンズがついた約6400万画素+ポートレート撮影ができる約6400万画素+望遠レンズがついた約800万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(nubia UI 9.0)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「Xiaomi Redmi Note 10 5G」とは?

“5Gでは通信技術を使ったコミュニケーションが発達しますので、これによって自動運転の実用化が進みますし、データ通信がスムーズになって働き方改革の促進にも繋がります。
そのいいこと尽くしの5Gには対応しているスマートフォンが数多くありますが、その中の一つに「Xiaomi Redmi Note 10 5G」という5Gスマホがあり、被写体を自動的に検出して最適な画質に調整してくれる高性能カメラや充電切れの心配なしに朝から夜まで好きなことを楽しめる大容量バッテリー、タスクを高速かつ効率的に処理する高性能CPUや暗いところでも見やすい高精細大型ディスプレイなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM4GB/128GBモデルが約18000円でRAM6GB/128GBモデルが約21000円でRAM8GB/128GBモデルが約24000円でRAM8GB/256GBモデルが約28000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約161ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約190gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはシルバー、グレー、グリーン、ブルーの4色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応して解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.5インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 700 MT6833 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GBモデルと6GBモデルと8GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで拡張することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約4800万画素+深度レンズがついた約200万画素のデュアルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(MIUI 12)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで接続端子はUSB Type-Cになっています。”