You are currently browsing the galaxyranking blog archives for 5月, 2019


「5G」を4キャリアに免許交付

総務省の電波監理審議会は4月10日、同省から諮問を受けた「第5世代移動通信システムの導入のための特定基地局の開設計画の認定」について、原案を適当とする答申を行いました。これを受け、同省は同日中に申請者に認定証(免許)を交付しました。周波数帯(帯域)の割り当てを受けた各キャリアは、どのように5G(第5世代移動通信システム)の通信サービスを展開していくのでしょうか。免許の交付を受け、各キャリアは全国に5G用基地局を設置できるようになりました。総務省に提出された計画書によると、各キャリアは以下の時期に5Gの商用サービスを開始する予定を立てているのです。NTTドコモは2020年春、KDDIと沖縄セルラー電話(以下まとめて「KDDI」)は2020年3月、ソフトバンクは2020年3月頃、楽天モバイルは2020年6月頃となっています。多少の時期の前後はあるのですが、2020年前半までには各キャリアの5G商用通信サービスが始まることになります。

「HUAWEI Mate 20 lite」はSIMフリーだから安く買える

“HUAWEI Mate 20 liteの機種代金ですが、SIMフリーのものが約56000円となっています。
そもそもHUAWEI Mate 20 liteのスペックは、ミドルレンジモデルの中でも高いため、5万円を超える機種代金であっても、それほど不思議ではありません。しかもHUAWEI Mate 20 liteには、HUAWEI独自のUI「EMUI」が搭載されているため、使いやすさも考慮に入れると、安易にHUAWEI以外を選ぶことが難しいのです。
補足となりますが、ミドルレンジモデルのスマートフォンの多くは、4万円付近の価格設定となっています。
ハイエンドモデルと比較してミドルレンジモデルは安いのですが、近年では、カメラ機能、カメラ解像度、大容量データストレージにこだわりを見せ、HUAWEI Mate 20 liteのような高価格スマートフォンも出てきました。そのためHUAWEI Mate 20 liteは、特別高いスマートフォンというわけではありません。”

ドコモオンラインショップ、Pixel 3/3 XLやGalaxy Feel2などの購入でプレゼント

NTTドコモが4月15日から、ドコモオンラインショップ限定のキャンペーン「SPECIAL DAYS!」の対象機種に「Pixel 3」「Pixel 3 XL」「Galaxy Feel2 SC-02L」「らくらくスマートフォン me F-01L」「LG style L-03K」を追加しました。それぞれ、端末の購入者に数量限定でプレゼントが贈られるとのことです。Pixel 3とPixel 3 XLを購入した先着500人には、オリジナルトートバッグ、タンブラー、トランプを詰め合わせた「Google Pixel Enjoy Box」をプレゼントします。Galaxy Feel2を購入した先着2000人と、LG Styleを購入した先着500人には、「ACアダプタ 07」をプレゼントするということです。らくらくスマートフォン meを購入した先着1000人には、「卓上ホルダ F53」をプレゼントし、いずれのキャンペーンもエントリーは不要となっています。プレゼントがなくなり次第、キャンペーンは終了となります。スマホ カメラ 比較

Galaxyの指紋センサーと保護フィルム

Galaxy S10/S10+の保護フィルムと言えばわかる人は何人いるだろうか。実はこのスマホの保護フィルムは市販で売っているものでは使えないという事も知っている人は何人いるだろうか。このスマホには、超音波式の指紋センサーが搭載されているため、フィルムを市販のにすると反応しなくなるみたいだ。ただ今のところ純正のフィルムを手に入れる事自体難しいため、市販でも使える代わりのフィルムを探す必要がある。とある記事で、この保護フィルムとスマホについての問題を上げていた人がいたが、その人によればフィルムを純正にしたところであまり指紋認証の方は動作がよくないみたいだ。もともと超音波式なんて言ってるぐらいだからかなり繊細なため、少しシビアだと思われる。しかし、スマホにはシビアよりもどちらかと言うと操作性を重視したいと私は思う。指紋センサーがかっこいいとは思うが、できる事なら使いやすくなってくれた方が私は嬉しかった。